2007年10月19日

影響を受けやすきワタクシの旅。

先日、日本のチロルといわれている、
下栗に行ってきました。

寅吉さんのBlogに影響を受けて、
足がそちらに向きました。

万全の体制で・・・と思いましたが、
まだまだ、至らぬ点はありましたw

寒さ対策だけは、完璧に!
と、思いましたが・・・なめてました。

「アルプス」を。

帰り、何度も休憩し、
缶コーヒーをのみ、飲んだ缶コーヒーを出し・・を
繰り返しw



ルートですが、
R153をしばらくはしり、
香嵐渓を経由。

Chi_Lo_ru_001.jpg

少々休憩。

その後、県道420号 → 国道257号 → 国道473号
をつないで、ひたすら国道152号線を目指します。

Chi_Lo_ru_002.jpg

交通量がめちゃめちゃ少ないです。
愛知県内なのに・・・

勝手に都会だと思ってました愛知県。
しかし、愛知にはまだまだ自然がいっぱい。

Chi_Lo_ru_003.jpg

Chi_Lo_ru_004.jpg

Chi_Lo_ru_005.jpg

こんな感じのRのコーナーが続きます。
下りは、本当に楽しく、ヒラヒラ舞えます。

対向車には注意で。

Chi_Lo_ru_008.jpg

Chi_Lo_ru_011.jpg

魚がたくさん居るんですが・・
みえますか? 難しいw

Chi_Lo_ru_012.jpg

フライの釣り人がたくさんいました。

Chi_Lo_ru_009.jpg

Chi_Lo_ru_010.jpg

だんだん、ヤバイ雰囲気になってきました。
ワクワクします。

152号に出ました!

ココが、寅吉さんが、実際目で確認したかった、
「酷道」かあああ。

今のところは、普通に2車線あるし、国道らしい。

しかし、「あの」リポートを見ているおいらは・・・
覚悟は出来てます。

アドヴァンテージは、スリムな2輪である事。
逆に、滑りやすい道には向かない事。


飯田線としばらく併走。

Chi_Lo_ru_014.jpg

Chi_Lo_ru_015.jpg

時刻表をみたら、脅威の3時間待ち!
おおおおお!
ローカル路線・・。

最強です。

お昼ごはんの頃に、水窪(みさくぼ)になんとか到着。

ココを逃すと、町って町がみあたらなさそうだったので。
こちらで、昼食。

Chi_Lo_ru_016.jpg

美味でした。
河を見ながら・・食事できました。

ちなみに、香嵐渓〜水窪 間には、コンビニはありませんでしたw


おなかに満足感を感じながら、152を北上。

途中、5ナンバーサイズのクルマがすれ違えない
ほどの狭いところとか
(地元の方々、運転上手い!)

行き先のない謎の橋とかを見つつ、


税金の使い道のトップクラスに位置するだろうと
思われる、草木トンネルに到着!

Chi_Lo_ru_018.jpg

確かに・・
寅吉さんに聞いたとおり・・違和感がすごいです。

この田舎に近代大型建造物・・・。

でも、地元の方の生活を楽なものにしているとすれば
存在価値はあります。

152は、国道なのにつながってないところが
2箇所もある、奇天烈道路なので。

「青崩峠」を越える事が出来ないようです・・・。
地図上では、細っそーい道が、青崩峠までありますが・・・。

これを迂回して、今後太い道にしようとしてる
みたいですが・・・
まだまだ、数十年かかりそうな雰囲気でした。


ワインディングイーターにはうれしい
開発の遅れです。



このまま、峠を越えられるのかと思ったら・・

次は「兵越峠」
信玄が、兵を進めた有名な峠のようです。

漢字での表記なら、ピンとくるのですが、
地図には、「ヒョー越峠」と書いてあり・・・

現地に着くまで、意味が分かりませんでした。

すっきり。

ここも、勾配がきつくて、
アヴェニス登らない!

全開で、なかなか60キロでない。

もう、アクセル閉じるのがイヤになる。
でも、強烈なつづら折れでは、閉じないわけにいかない・・

もう、違うスキルが身につきますww


Chi_Lo_ru_019.jpg

てっぺん。

Chi_Lo_ru_021.jpg

なんか、国境って!

Chi_Lo_ru_020.jpg

財政の差(笑)でしょうか?
あきらかに・・長野県側(右)の方の舗装のが・・
綺麗。

でも、「本当の県境ではない」旨のような事も書いてあった
んですが・・・


Chi_Lo_ru_024.jpg

どうも、静岡県と長野県が綱引きで戦争してるみたいです。

Chi_Lo_ru_023.jpg

会場には、観戦席までありました。

こっから、長野県側に下ります。

Chi_Lo_ru_025.jpg

Chi_Lo_ru_026.jpg

この景色を見てると、日本が・・プレートとプレートの
ぶつかりあいで出来た、島であることを実感できます。

絶景でした。

人間なんてちっぽけ。
このままそっとしておきましょうよ。

なんて。

Chi_Lo_ru_027.jpg

150cc SOHC 水冷単気筒・・・

こんな、彼でも翼がブワっと生えて、
僕をココまで運んでくれたんです。

しかも、そこには、「楽しさ」を伴う。

幸せなことですなああ(しみじみ)。

長野県側から、「青崩峠」に進入を試みるも、
200〜300メートル?くらいで、
がけ崩れ現場に遭遇!

しまった〜
静岡県側からも、試みるべきだった・・・

Chi_Lo_ru_028.jpg

あきらめて、先へ。

次の目標は、いよいよ下栗地区です。

ダウンヒルを楽しみすぎて、疲れたので、
自販機のあるところで一服。

タバコやさんらしき建物でした。

なかから、犬が。

Chi_Lo_ru_029.jpg

こいつ、ホント、グデグデで・・。
みてくださいこの表情・・。

そりゃ、田舎でしょうけど!
しゃきっとしなさい、しゃきっと!


・・・。

Chi_Lo_ru_031.jpg

Chi_Lo_ru_032.jpg

152沿いの川の様子〜。

そして、上村地区から、登山開始!
また、アヴェニスさんには、登りを頑張ってもらいます!

Chi_Lo_ru_033.jpg

Chi_Lo_ru_035.jpg

Chi_Lo_ru_034.jpg

ついに、下栗到着〜!

あれ?ココ?

って感じで、いつのまにか、地区内に入ってました。

Chi_Lo_ru_036.jpg

Chi_Lo_ru_037.jpg

Chi_Lo_ru_038.jpg

伝わりにくいですが・・・すみません。

ほんと、すごいところです。

自分、一人なのに、「ほえ〜」 「は〜」
って、ブツブツブツ言ってましたw

Chi_Lo_ru_040.jpg

定番と思われるスポットにて撮影。

アヴェちゃんお疲れ。

空に、明るさを合わせ・・

Chi_Lo_ru_041.jpg

Chi_Lo_ru_045.jpg

16時位です。
キレー

Chi_Lo_ru_048.jpg

絶壁に張り付く様に家々が・・。

きっと、時間の流れもちがうのでしょう。ココでは。

寂しげな雰囲気も漂う夕暮れ、
帰路に着きます。


帰りは・・
418で、茶臼山の裏側を周り、
153で、南下。

伊勢神を通過するあたりで、寒さにやられてました。


400キロほどの道のりでした。



手放しで、オススメします。

下栗地区を絡めた、ツーリング。




なお、某有名ツーリングガイドにも、
紹介されてます。


興味のある方は是非!!
posted by gyo at 20:58| Comment(4) | TrackBack(2) | アヴェニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
R420→R257→R473。
地図で見る感じが、既に酷道っぽいぞ〜。
このルートから入るのよさげですね。

草木トンネル。
不思議と費やされた税金に腹はたたない。
確かに、住民にとっては心強いでしょうし、
旅人にとっては、ある種の気分転換になるしね(笑)

本線(青崩峠)にも、ちょびっと突進したの?
ゆ…勇気あるなぁ。
でも、いきなり崩れてたのね(笑)

河原の赤い茎の草。
この先の「ピンクの原っぱ」も、
赤い茎の草むらだったよ(^o^)/

犬の顔。
あの辺の生活感を物語ってるね(爆)

牛いたね!牛!
人家 兼 牛小屋みたいな!

下栗。
あの空気感はクセになる。
東京ドーム50万個分(適当w)の空間を
ほぼひとりじめする贅沢。

い、いかん…。
また行きたくなってきたじゃないか〜(^Q^;;;
Posted by 寅吉 at 2007年10月19日 23:28
すべて読み終えるまで口が一度も閉じなかった(^^;
ジャパニーズチロル行っちゃったんですね(^^;

相棒との一言会話が自然と出たのでは?
それ!行け!ガンバレ!うっ!おぉ〜!(笑)

エアーな地区に辿り着いたときの
gyoさんの顔かと思っちゃいました・・・犬の顔(失礼(^^;)

春にでもチャレンジしてみようかなぁ・・・(^^;ムリ

クルマとは違ったバイクでの視点も拝見出来ました!
Posted by はる at 2007年10月20日 00:50
■寅吉さん
浜松〜諏訪を走破した・・寅吉さんの
足元にも及びませんが・・・
酷道の、一部は垣間見ることが出来ました。
進入の方法は・・
住んでるところからだと、このルートに
なっちゃいました・・って感じです。

>草木トンネル
そうなんですよねえ。
いがいと、腹が立ちませんw
耐久性の事もあるんでしょうが、豪華でしたね。

>青崩峠
試みました!軽いフットワークを活かして。
キレイな作業服を着た、デスクワークの
似合いそうな方々が、ガケ崩れを調べてました。

>赤い茎
ぼくの見たのは・・
なんか、コケから生えてました。

>赤い草原
・・しまった、行けなかった!

>犬
あいつなりに、幸せとは?を知ってそうでしたww

>牛
かなり獰猛でしたw
なかなか写真撮らせてくれないんです。
つばかけられました!

>下栗
まじで、東京ドームそれくらいはありそうな
空間でした・・・!
空気感。誰かに今すぐ伝えたいような、
そっとしておきたいような。
不思議な感覚ですよね!

>再挑戦
時間と、気力、体力が充実してるときには
是非!
ぼくも、何度か足を運んでしまいそうです。
Posted by gyo at 2007年10月22日 18:34
■はるさん
チロルへの誘惑 その2 !!

ですww

日本には、死ぬまでに見たいところって
黒部とか? ありますけど、
結構上位かも〜

>口が閉じない
ありがとうございます!
最高の褒め言葉であります

>相棒
ご想像通り、会話してましたw
あやつ、登りは諦めるくせに・・
下りになると急に元気。

>犬
レンズの向こうのおいらの顔も
対称だったかも!!
はるさんには画面のこっちかわを見抜く
サイキックが?

>クルマ
での視点を逆に知らないので、
雪が降る前に・・・・会社の代車でも
借りて、スタッドレスで武装して
進入を試みてみようかとw

はるさん!
オ・ス・ス・メ・です。
Posted by gyo at 2007年10月22日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61451034
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

国道152図鑑。
Excerpt: 浜松から諏訪まで9時間の行程でした。 浜松11:40着。 東名の渋滞にハマって出遅れ。 152に出ました。 そそくさと昼食を済ませて、北上。 船明ダム。 ..
Weblog: 大人げなし!
Tracked: 2007-10-19 23:30


Excerpt: 082メートル|mの峠である。国道152号の点線国道区間で未通区域となっている。峠付近の地質構造は、中央構造線による破砕帯となっており、山腹に広がるむき出しになった青い岩盤から峠の名が付けられた。静岡..
Weblog: 峠を疾走す!!!
Tracked: 2008-02-03 14:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。